Let It Be'
好きなものについて語る自己満足徒然日記

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク
さよならは 言わない

悲しみは やがて 消えることを 知った
喜びは いつまでも
輝き続けることも

ずっと ずっと 楽しかったね

晴れわたった こんな日は いつでも 思い出す
飛ぶように 駈けぬけた 遠い日の 僕らのことを

たとえ このまま 会えないとしても
思い出に そして 君に
きっと さよならは 言わない
決して さよならは 言わない


「たとえ このまま 会えないとしても
 思い出に そして 君に」

もう二度と会えなくても、
「楽しかったね」
と振り返られる、ただそれだけでいい。
何がそんなに楽しかったのか、すっかり忘れてしまっていたっていい。
その時はきっと、「悲しみ」も、すっかり消え去っているはずだから。

(「さよならは 言わない」 作詞・作曲・歌:小田和正 より一部引用)

: Music : comments(0) : - : posted by bear
恥ずかしいかもしれないけども。泣く時はね、こうね思い切って泣く、みたいなね。そういうのあってもいいような気もすんですけどね〜。(@サムガ 2009年2月28日)


はいせんせい。思い切って泣いてしまいました。
「恥ずかしいかもしれないけど」って、
はい、とっても恥ずかしいです!
恥ずかしくってたまりません。
人前で泣くなんて自分で自分が許せません。
らしくなく感情を爆発させてしまったので、今はなんにも考えたくありません。感じたくありません。
それでも、思い切って泣くことに意味があるのでしょうか!せんせい!
: つれづれ : comments(0) : - : posted by bear
失ってはじめて、自分はそのために何の努力もしていなかったことに気付く。
すべてにおいて受け身な自分がイヤになる。
: つれづれ : comments(0) : - : posted by bear
 悲しみっていつかは消えてしまうものなのかなぁ…。
: つれづれ : comments(0) : - : posted by bear
 謝れたよ?
: つれづれ : comments(0) : - : posted by bear
<< : 2/17 : >>